×
您现在是机构身份登录的,您还可以注册用户,将能够实现个性化设置。
欢迎来到列国志数据库!繁體版|新闻资讯|文献资料 |学术研究 |大事纪年 |列国志研创力量|
分享到
| 登录 注册

大正期における日本人の中国江南イメージ——芥川龍之介の『支那遊記』と青木正児の『江南春』をてがかりに
はじめに近代における日中政府間の交流は「日清修好条約」の調印をシンボルに始まったと言える。この時から、中国への関心が高まっている日本人は次第に増えてきた。彼らは自分の見聞を日記、旅行記などの形で記録した。このような記録は膨大な数が残っている。また、作者の身分は多種多様であり、官僚、学者、記者、作家、軍人、商人、宗教関係者などほとんどの階層を含めて...
作者辜承堯
出版日期:2015-02
推荐文献资料
更多>>推荐多媒体资源