×
您现在是机构身份登录的,您还可以注册用户,将能够实现个性化设置。
欢迎来到列国志数据库!繁體版|新闻资讯|文献资料 |学术研究 |大事纪年 |列国志研创力量|

日本新防卫计划与军事力量发展:动因、路径与影响
日本2018年出台的新《防卫计划大纲》和《中期防卫力量整备计划》是其今后数年的军事力量发展规划。两文件体现出日本虽面临政府财政严峻形势和人口“高龄少子化”等因素的制约,但基于其对外部安全环境的判断,仍希望通过增加资源投入、体制机制改革、新型作战力量建设、武器装备升级及政策空间调整等方式,增强自主军事实力,加强对日美同盟的支撑作用,拓展军事力量海外使用的空间。日本此轮军事力量发展规划如获落实,将进一步增强自卫队的进攻性,密切日美同盟关系,为日本提供更多海外干预的政策选项,并可能对地区安全局势造成一定影响。日本が2018年に発表した新たな「防衛計画大綱」と「中期防衛力整備計画」は今後数年の軍事力発展計画である。この2つの文書は、日本が政府財政難と「少子高齢化」などの制約を受けながらも、外部の安全環境に対する判断から、依然として資金投入を増やし、体制メカニズムを改革し、新たな作戦力を構築し、武器装備をレベルアップし、政策の余地を調整するなどの方法によって、自らの軍事力を増強し、後ろ盾としての日米同盟の役割を強化し、海外での軍事力使用の余地を拡大しようと望んでいることを示している。日本の今回の軍事力拡大計画がもし実現すれば、自衛隊の武力行使の余地がさらに拡大され、日米同盟関係が密接になり、日本が海外に関与する政策により多くの選択肢が提供され、地域の安全情勢に一定の影響を及ぼす可能性がある。
作者刘华劉華
出版日期:2019-06
推荐文献资料
更多>>推荐多媒体资源